CONTEST

前のページにもどる

PCNこどもプロコン2018表彰式開催!

2019/2/19 XYZプリンティングジャパン株式会社様よりご協賛いただきました

▼ ノミネート・佳作作品を公開中です ▼

» 一次審査結果はこちら

PCNこどもプログラミングコンテスト2018 最終審査会・表彰式を開催します!

表彰式概要

日 時
2019年3月3日(日) 開場 12:00 / 開会 13:00
内 容
ノミネート作品展示・紹介、最終審査、ワークショップ、表彰式
会 場

■メイン会場

福岡SRPセンタービル ももち浜SRPホールアクセス

※同日、会場周辺の施設でもイベントが開催されるため駐車場は混雑する恐れがあります。
ご来場の際はできるだけ公共交通機関をご利用ください。

■サテライト会場

東京会場:防災コミュニティスペースEme-Imaアクセス

仙台会場:一般社団法人マジカルコンパスアクセス

定 員
100名(ワークショップ定員 40名)
入場料
無料
備 考
本イベントは事前申し込み優先入場となります。
定員に達し次第、受付は締め切らせていただきますのでご了承ください。
参加をご希望の方は、申し込みフォームからお申し込みください。

▼ 福岡会場のお申し込みはこちらから ▼

» 表彰式への参加を申し込む(福岡)

▼ サテライト会場のお申し込みはこちらから ▼

» 表彰式への参加を申し込む(仙台)

» 表彰式への参加を申し込む(東京)

当日のスケジュール

12:00
開場
13:00
開会、ノミネート作品紹介
14:00
ワークショップ「プログラムで自動演奏にチャレンジ!(仮)」
14:50
懇談会
15:15
表彰式
16:15
閉会

ゲスト審査員

明和電機 土佐信道 氏

土佐信道プロデュースによる芸術ユニット。
青い作業服を着用し作品を「製品」、ライブを「製品デモンストレーション」と呼ぶなど、日本の高度経済成長を支えた中小企業のスタイルで、 様々なナンセンスマシーンを開発しライブや展覧会など、国内のみならず広く海外でも発表。音符の形の電子楽器「オタマトーン」などの商品開発も行う。 2016年1月には中国上海の美術館McaMで、初の大規模展覧会を成功させた。デビュー25周年となる2018年は大分、長崎での個展を開催。

» 明和電機 オフィシャルサイト

山田美穂 氏

東京電機大学理工学部応用電子工学科卒
「IoTをもっと身近に、もっと楽しく、未来へ」をモットーに株式会社CenterQ設立。 電子工作を楽しむ女性や子供をもっと増やしたい!と2016年より「女子だらけの電子工作」を主催。 2018年、エンジニアフレンドリーシティ福岡のサポーターも務め、力いっぱい、元気いっぱいに活躍中。

» 株式会社CenterQ
» 女子だらけの電子工作

久住憲嗣 氏

九州大学システムLSI研究センター 准教授
組込みIoTシステムを対象としたソフトウェアの作り方(ソフトウェア工学)に関する研究に従事。 特に絵(グラフィカルモデル)を使った設計やエンドユーザプログラミングに興味を持つ。

コンテストに関するお問い合わせ

後援

これまでのコンテスト